土地取得に関する当社の方針

NaFoodsが実施するすべての用地取得が、ポリシーの問題として、環境およびコミュニティへの潜在的な悪影響を回避、最小化、および軽減する適用基準に準拠した方法で実施されるようにするために、NaFoodsは次の原則を遵守します。

  • 経済的または物理的な移動をもたらす用地取得の回避
  • 回避が不可能な場合は、代替設計を検討することにより、用地取得による移動やその他の社会的悪影響を最小限に抑えます。
  • 所有権の恒久的な譲渡(すなわち、土地使用権証明書)または共同で管理および利用される土地への影響を伴う土地取引を最小限に抑えるよう努めます。
  • 強制立ち退きが行われないようにするために、
  • 情報の適切な開示と協議、誠実な交渉、および補償に関する相互に受け入れ可能な合意に達するための関係者の情報に基づく参加に基づく公正かつ開かれた交渉プロセスを通じて交渉された和解を達成するために、
  • LURCを保持することが土地の安全に不可欠ではない場合、土地所有者が利益分配協定に参加しながら土地への完全なアクセスを維持できるようにするMOUの取り決めを求めてください。
  • 影響を受ける人々が生活水準と生計を完全に回復または改善できることが実証されるまで、生計への影響を特定、軽減、および監視するようにします。
  • 影響を受けたコミュニティ、特に最も脆弱なコミュニティが、決して悪化したり、悪影響を受けたりしないようにします。
  • 文化的に適切な方法でPS7基準を満たす少数民族グループを特定して相談する
  • 少数民族による先祖/共同体の愛着の対象となる土地を避け、回避が不可能な場合は、先住民計画(IPP)を作成して実施し、IFC PS7に準拠した無料の事前情報に基づく同意(FPIC)を取得します。
  • IFC PS6で定義されているように、自然生息地または重要生息地として定義されている土地の開発は避け、改変された生息地として定義されている地域でのみ開発してください。
  • IFC PS8で定義されている文化遺産(先住民と非先住民の両方)に関連する土地の開発、関連する利害関係者および文化遺産の尊重を避けてください。